FC2ブログ

mp3ダウンロードサイト【海外/無料】 無料mp3ダウンロード無料情報比較mp3サイト

米グーグル、音楽検索サービス開始 ネットラジオ局などと協力

インターネット検索最大手の米グーグルは28日、米国で音楽検索サービスを始めると正式に発表した。曲名や歌手の名前などで楽曲情報を検索できる。ネットラジオ局や音楽配信ベンチャーなどと協力し、音楽の試聴もできるようにした。

 人脈サイト大手、マイスペース傘下の音楽配信ベンチャーや、ネットラジオ局が配信する楽曲などを検索できる。配信各社のサービス経由で楽曲を購入して携帯音楽プレーヤーなどで楽しむこともできる。曲名などが分からない場合でも、歌詞の一部だけで楽曲を検索することも可能という。

 グーグルによると、同社サイトでは音楽関連の情報が1日に数百万件検索されており、音楽検索のニーズが高いと判断した。グーグルはネット検索の利便性を高めて、さらなる利用者獲得を進める狙いだ。


 
スポンサーサイト



Facebookが音楽サービスを融合、Googleも?

米Googleが音楽サービスの提供を計画しているという。Wall Street JournalやNew York Timesなどが米国時間の21日に報じた。同日にはまた、米Facebookがギフトストア「Facebook Gift Shop」で音楽ギフトの販売を開始すると発表した。どちらもネットでのアクティビティに音楽サービスを融合する試みだ。

New York Timesによると、Googleの音楽サービスはGoogle Financeの音楽版のようなスタイルになる。Google Financeは株価の動向データに、企業情報やニュース、イベント情報などを関連づけて提供している。音楽サービスも同様に、歌詞、写真、コンサートツアー・スケジュールなど、楽曲に関連する様々な情報に一カ所からアクセスできる手段になるという。LalaやiLikeなどのオンライン音楽サービスとの提携を通じた音楽ストリーミング、Amazon.comやiTunes Storeなどのオンライン音楽販売サービスへのリンクも用意される。


Facebook Gift Shop


Facebookは、SNSでつながる友だちに簡単なプレゼントを贈る手段としてGift Shopを用意している。同ショップの新しいギフトアイテムになる音楽は、FacebookのニュースフィードやWallで再生できるWebソングとDRMフリーのMP3ダウンロードの2種類。価格はそれぞれ1クレジット(1クレジット=10セント)と9クレジットだ。FacebookはLalaをGift Shopに統合することで音楽販売を実現した。

報道では、このLalaの躍進が指摘されている。同社は将来Webが音楽プレーヤーになると主張して、2年ほど前から音楽ファンを結ぶWebベースの音楽ストリーミング/販売サービスを強化してきた。当初は音楽レーベルの協力を得られなかったものの、CDの売上減からソーシャルネットワーキングの力に着目し始めたレーベルと思惑が一致し、今日では大手レーベルの楽曲を含む800万曲以上を取り扱っている。すでにBillboardとの提携を果たしており、今回のFacebook、さらにGoogleの音楽サービスでも採用されれば、「Webが音楽プレーヤーになる」というLalaの主張が現実味を帯びることになる。

マイコミジャーナルより


 

| 無料mp3ダウンロード無料情報比較mp3サイト■TOP |